つれづれ

備忘録


コメントする

100de名著 論語 ユリナノ目

http://www.nhk.or.jp/meicho/famousbook/02_confucius/yurina_no_me.html
「恕(=思いやり)はまず「自分」にかけてあげるもの!」という考え方です。
自分で自分を見限らないで、自分を励ましてあげなきゃいけません。

そして、二つ目は、
実際に、その「自分の励まし方」。
「子貢曰く、貧しくして諂うこと無く、富みて驕ること無きは如何。子曰く、可なり。未だ貧しくして道を楽しみ、冨みて禮を好む者には若かざるなり。」
『貧乏で卑屈にならず、金持ちで驕慢にならないというのはいかがでしょうか?』
『それも良いだろう。しかし、貧乏であっても道義(学問)を楽しみ、金持ちであっても礼を好むものには及ばない。』

卑屈でない人、を目指すのではなく、道義を楽しむ人を目指す。
傲慢で無い人、を目指すのではなく、礼を好む人を目指す。

つまり、自分の中のマイナスの部分を無くそうとするのでなく、それよりもあくまでプラスのイメージを心に抱いてそれを目指す。
この考え方は、シンプルに思えて、以外と実践できないことのように感じます。
自分自身と向き合うとき、どうしても自分の欠点が真っ先に気になって、クヨクヨしたり、とにかくそれを直さなきゃ!と焦ってしまうことがあると思います。
そして、その欠点が無くなればきっとプラスの“何か”になれる!と思ってしまいます。
私もそんな風に心の中ではき違えてしまうことがしばしばです。
でもマイナスが無くなればプラスの“何か”になれる!ていうのは、きっとただの妄想なんですよね。
きっと本当に必要なのは、プラスの状態を想像する想像力…。

私が好きなマザーテレサの言葉で、こんな言葉があります。
私は戦争反対の集会には出席しません。平和のための集会を開くのでしたら私を招待してください。
このマザーテレサの言葉は孔子の精神ととても通じる部分があるように感じます。
何かを忌み嫌い否定する力よりも、こうありたいという姿を願う気持ちの方が、ずっと温かくて純粋で力強いのだと教えてくれている気がします。

否定ではなく、肯定を。
そんな孔子の“肯定力”にはとても惹き付けられてしまいます。

孔子はしばしば「現実主義者」というように表現されることがありますが、それは孔子がどんな挫折を味わっても、現実を肯定し、“生きる”ことに対して非常に丁寧な人だったからではないかと思います。
孔子は数々の挫折を人生で味わい、最期まで自身の夢を叶えることはできなかった人だとうかがいました。
しかし、どんな経験をしても、決してルサンチマンの固まりになることなく孔子は人生を肯定し続けています。
孔子は実はとても多趣味な人で、仕事にのみ執心せず、あらゆる面で人生を楽しんでいたと聞きます。
このような話からも孔子が人生の中でバランス(中庸)を重んじていた様子が伺えます。

人生という「過程」を大事にする姿勢。
夢が叶わなくても、その時からさらにどう生きて行くか。
孔子がその先の人生をどう生きたか、という所に『論語』に綴られた言葉の深みが見える気がします。
誰しも挫折や苦難を味わい、それでも生き続けよう!と思うからこそ、どう生を肯定し、“生き続ける”か、について多くを教えてくれる『論語』は昔から不朽の作品として読み続けられているのかなと感じました。

広告


コメントする

ホセ・ムヒカ リオ会議スピーチ 引用

ムヒカ大統領のリオ会議スピーチ: (訳:打村明)
http://hana.bi/2012/07/mujica-speech-nihongo/
————————————————————————————————————————

会場にお越しの政府や代表のみなさま、ありがとうございます。

ここに招待いただいたブラジルとディルマ・ルセフ大統領に感謝いたします。私の前に、ここに立って演説した快きプレゼンテーターのみなさまにも感謝いたします。国を代表する者同士、人類が必要であろう国同士の決議を議決しなければならない素直な志をここで表現しているのだと思います。

しかし、頭の中にある厳しい疑問を声に出させてください。午後からずっと話されていたことは持続可能な発展と世界の貧困をなくすことでした。私たちの本音は何なのでしょうか?現在の裕福な国々の発展と消費モデルを真似することでしょうか?

質問をさせてください:ドイツ人が一世帯で持つ車と同じ数の車をインド人が持てばこの惑星はどうなるのでしょうか。

息するための酸素がどれくらい残るのでしょうか。同じ質問を別の言い方ですると、西洋の富裕社会が持つ同じ傲慢な消費を世界の70億〜80億人の人ができるほどの原料がこの地球にあるのでしょうか?可能ですか?それとも別の議論をしなければならないのでしょうか?

なぜ私たちはこのような社会を作ってしまったのですか?

マーケットエコノミーの子供、資本主義の子供たち、即ち私たちが間違いなくこの無限の消費と発展を求める社会を作って来たのです。マーケット経済がマーケット社会を造り、このグローバリゼーションが世界のあちこちまで原料を探し求める社会にしたのではないでしょうか。

私たちがグローバリゼーションをコントロールしていますか?あるいはグローバリゼーションが私たちをコントロールしているのではないでしょうか?

このような残酷な競争で成り立つ消費主義社会で「みんなの世界を良くしていこう」というような共存共栄な議論はできるのでしょうか?どこまでが仲間でどこからがライバルなのですか?

このようなことを言うのはこのイベントの重要性を批判するためのものではありません。その逆です。我々の前に立つ巨大な危機問題は環境危機ではありません、政治的な危機問題なのです。

現代に至っては、人類が作ったこの大きな勢力をコントロールしきれていません。逆に、人類がこの消費社会にコントロールされているのです。私たちは発展するために生まれてきているわけではありません。幸せになるためにこの地球にやってきたのです。人生は短いし、すぐ目の前を過ぎてしまいます。命よりも高価なものは存在しません。

ハイパー消費が世界を壊しているのにも関わらず、高価な商品やライフスタイルのために人生を放り出しているのです。消費が社会のモーターの世界では私たちは消費をひたすら早く多くしなくてはなりません。消費が止まれば経済が麻痺し、経済が麻痺すれば不況のお化けがみんなの前に現れるのです。

このハイパー消費を続けるためには商品の寿命を縮め、できるだけ多く売らなければなりません。ということは、10万時間持つ電球を作れるのに、1000時間しか持たない電球しか売ってはいけない社会にいるのです!そんな長く持つ電球はマーケットに良くないので作ってはいけないのです。人がもっと働くため、もっと売るために「使い捨ての社会」を続けなければならないのです。悪循環の中にいるのにお気づきでしょうか。これはまぎれも無く政治問題ですし、この問題を別の解決の道に私たち首脳は世界を導かなければなりません。

石器時代に戻れとは言っていません。マーケットをまたコントロールしなければならないと言っているのです。私の謙虚な考え方では、これは政治問題です。

昔の賢明な方々、エピクロス、セネカやアイマラ民族までこんなことを言っています

「貧乏なひととは、少ししかものを持っていない人ではなく、無限の欲があり、いくらあっても満足しない人のことだ」

これはこの議論にとって文化的なキーポイントだと思います。

国の代表者としてリオ会議の決議や会合にそういう気持ちで参加しています。私のスピーチの中には耳が痛くなるような言葉がけっこうあると思いますが、みなさんには水源危機と環境危機が問題源でないことを分かってほしいのです。

根本的な問題は私たちが実行した社会モデルなのです。そして、改めて見直さなければならないのは私たちの生活スタイルだということ。

私は環境資源に恵まれている小さな国の代表です。私の国には300万人ほどの国民しかいません。でも、世界でもっとも美味しい1300万頭の牛が私の国にはあります。ヤギも800万から1000万頭ほどいます。私の国は食べ物の輸出国です。こんな小さい国なのに領土の90%が資源豊富なのです。

私の同志である労働者たちは、8時間労働を成立させるために戦いました。そして今では、6時間労働を獲得した人もいます。しかしながら、6時間労働になった人たちは別の仕事もしており、結局は以前よりも長時間働いています。なぜか?バイク、車、などのリポ払いやローンを支払わないといけないのです。毎月2倍働き、ローンを払って行ったら、いつの間にか私のような老人になっているのです。私と同じく、幸福な人生が目の前を一瞬で過ぎてしまいます。

そして自分にこんな質問を投げかけます:これが人類の運命なのか?私の言っていることはとてもシンプルなものですよ:発展は幸福を阻害するものであってはいけないのです。発展は人類に幸福をもたらすものでなくてはなりません。愛情や人間関係、子どもを育てること、友達を持つこと、そして必要最低限のものを持つこと。これらをもたらすべきなのです。

幸福が私たちのもっとも大切なものだからです。環境のために戦うのであれば、人類の幸福こそが環境の一番大切な要素であるということを覚えておかなくてはなりません。

ありがとうございました。
—————————————————————

ホセ・ムヒカ世界で最も貧しい大統領の生き方・考え方が心に沁みる – NAVER まとめ http://matome.naver.jp/odai/2138861428534675801